ようこそゲストさん

今日の出来事

2012/06/25(月) 安く簡単でガッチリな車載カメラの固定方法(iPadステー流用)for 車載動画

このエントリーをはてなブックマークに追加 買い物
安く簡単でガッチリ、理想的な取り付け位置による車載カメラの固定方法を報告します。

Youtubeの普及で車載動画も一般的になり、安いカメラスタンドも出まわるようになりました。
最も一般的なのは吸盤式定番と言われてるのがコレ、ガラスやダッシュボードに固定します。
ダッシュボードに取り付けてドライブの景色だけを記録するならコレでもいいのですが、
残念ながらこのタイプでは、車外の景色と運転してる操作を一緒に撮影するのが困難です。
運転操作を撮影するのにリアガラスに吸盤付けでは遠すぎるし、シートが撮影の邪魔になります。

テレビやYoutubeで見かける、モータースポーツの車載動画のような角度で撮影したければ、
運転手の頭の横あたりにカメラを固定する必要があります。
こういう角度からの動画を撮影したいなら、
ステーを使ってココにつければいいのです!
この手のカメラ用ステー、特に写真のようなしっかりとしたものは、以前はプロ用機材しか無く、
沢山売れるものでもないので高価なのが常識でした。しかし・・・
なんと コレ、iPad車載ステー の流量だから安いんです!

2016年7月1日 更新
上のリンクは販売終了ですが、OEMで同じ品が買えることが分かりました。こちらから購入可能です。
(商品写真が少ないですが、コメント欄で同等品であることが確認できます)
2017年9月3日 更新
生産終了なのか今見たらボッタクリ価格になってますね・・・元々3千円位で買えていました。
あまりに高いようなら最後で紹介しているヤツの方が良いと思います。

この製品、iPadを車に固定するための製品なのですが、カメラの固定にも使えるように設計されているのです。
このステーのパーツだけ使います。金属製で剛性があります。
3箇所で角度調節できるようになっていて、設置の自由度が高い。
カメラの取り付け部もしっかりしています。
取付状態、前から見るとこんな感じ。
耐荷重は2.5kgで、ビデオカメラでもしっかり固定できます。

24mmのIXY 410Fで撮影
G-BOWLがよく見えるように35mm位にズームしたところ。
軽自動車の狭い車内でも上の写真の様に広い範囲が撮れます。
シートに固定するので振動が少なく、安定した動画が撮影できるのもポイントです。

2016年6月30日 更新
本記事で紹介したステーですが販売終了のため代わりになる製品を探しました。

こちらの製品です!

実際に購入してみましたが、レンチ不要で脱着のしやすさ、アームの長さや調整範囲もこちらの方が良い感じです。
関節は3箇所、しかも1箇所のダイヤルを締めるだけで3箇所ともキマるため、大変調整がしやすくなっています。
元記事で紹介した製品に比べて質感、剛性感は値段なりに落ちますが十分使えるものでした。

クランプに傷付き防止のゴムが貼られていますが、剥がした方がガッチリ固定されますので必ず剥がしましょう。
これが付いていると微妙に揺れるので剥がします。

名前:  非公開コメント   

  • TB-URL(確認後に公開)  http://todays.dip.jp/0225/tb/