ようこそゲストさん

今日の出来事

2012/06/11(月) OLYMPUS PEN Lite 3 (E-PL3) 手振れ補正ONで異常にブレる

このエントリーをはてなブックマークに追加 デジカメ
OLYMPUS PEN Lite 3 (E-PL3) で手ブレ補正をオンにすると、逆に写真がブレブレになる
という現象が発生しました。メーカーにカメラを送ってメーカー側でも現象を確認し、
「確かに異常なブレが発生している」との見解を頂きましたので報告します。


そもそもの始まりは、E-PL3の手振れ補正がどのくらい効くのか?一度確認しておこうと思って、
シャッター速度1/100から1秒までの何段階かにおいて、3枚づつ手持ち撮影をしたのでした。
結果を見てビックリ、手振れ補正がオンだと横方向のブレが必ず入っていたのです。
画像を見るとブレの速度は一定のようで、シャッター速度が遅いほど横にブレる量も増えています。
手振れ補正をオフにするとこのような一定パターンのブレは無くなりますので、
明らかに機器内部の手振れ補正機構がおかしな動きをしています。

翌日、室内で再確認すると問題なく撮影できましたが、同じ場所でテストすると再現しました。
どのような条件で発生するかまで特定できていませんが、メーカーにカメラを送って検査してもらっても
同様の所見で、
「こちらでも再現したが、発生条件の特定には至っていない、ユニット交換で様子を見て欲しい」
との事でした。

PENの手振れ補正はあまり効きが良くなく、かえってブレる不具合があるという話は
初期型の頃からチラホラ聞こえていましたが、最新型でも直っていないとは意外でした。
おそらく製造上、手振れ補正ユニットに一定の不良発生があって、
全数検査して良品だけ出荷すれば良いのですが、オリンパスにその気が無いのでしょう。
コストの問題もあるでしょうが、いくら安いカメラでも、こういう爆弾を抱えていては安心して使えません。
発生したり、しなかったりなので、気づかずにブレた写真を撮っているユーザーも多いのではないかと。

スペック的に良いと思って買ったE-PL3でしたが、使ってみるといろいろ不満が多かったです。

・ボタンを押してメニューが出るまでの時間が長い等、操作がモタつく。
・AFは高速だが、撮って見ると正確にピントが合ってない事が多い。
・縦撮りしても縦撮りの情報がJPEGに記録されない。
・Eye-Fiカードの対応が良くない。
 - Eye-Fiカードが入っているとカメラの起動時間が2秒遅くなる。
 - 転送中にカメラの操作を受け付けなくなる場合がある。
 - エンドレスモードに対応していない(これは購入前から確認済みでした)
・色が独特、顔が必要以上に赤黒くなる傾向。

同じマイクロフォーサーズ陣営のPanasonicのカメラと比べると、
Panasonicの方が電子機器として安定した動作をする印象を受けます。
Olympusは昔ながらのカメラ屋さんとしての技術はあるのかもしれませんが、
電子デバイスの扱い特にソフト面でアジア製品のような動作の不安定さを感じます。
こういう普及価格帯の機種では多くの処理をソフトでまかない、CPUやメモリにも
余裕がありませんから、技術レベルの差が出てしまいます。
メニュー操作が遅いのも、洗練されていないライブラリを使い続けているからでしょう。
PENが3世代目になってもこの辺が何も改善されていないのは残念です。

名前:  非公開コメント   

  • TB-URL(確認後に公開)  http://todays.dip.jp/0213/tb/