ようこそゲストさん

今日の出来事

メッセージ欄

分類 【買い物】 で検索

一覧で表示する

2011/04/27(水) タカギ かんたん水やりタイマー用スプリンクラー(G216,G242,G248,G249)

このエントリーをはてなブックマークに追加 買い物

地面に植えているものはともかくとして、プランターに植えているものは
ちょっと水をやらないと(特に夏場は)あっという間にダメになってしまいます。
数日のことなら風呂場にでも取り込んで置けばいいのですが、長くなるとそうもいきません。

そこで長期間留守にする場合、ウチでは水道の蛇口からタイマーで散水する自動水やり機を使っています。
タカギ 水分センサー付かんたん水やりタイマーセット(G216)
家庭用には価格的にこれ以外に選択肢がないと思います。他社のも検討しましたが高すぎて手がでません。

これはセット商品なのですが、パーツのバラ売りもしていて散水ノズルを増やすこともできます。
(ウチでは16分岐にして使っています)

で、今年のゴールデンウィークに備えてノズルを追加しようとタカギのサイトを見たら、
見たことがないパーツがあるではないですか!
実は、従来の散水ノズルはちょっと使いにくい点がありまして、
・周囲に均等に散水されない(方向が偏ることがある)
・水量の微妙な調整がしにくい。
・水の勢いが強く発芽前後の植物に使いにくい。

という不満がありました。
新しいノズルはパッケージに「円形に水をまく」「噴水のように水をまく」とありますから、
私の不満を解消してくれるかもしれません! さっそく購入して使い比べてみました。

まずは従来の散水ノズルから
ソフトスプリンクラー(G242)

左の写真では手前にまったく散水されてないのが分かります、この調整がしにくい。
水量は多いけど拡散範囲が狭いので、プランターが大きいとノズルが一つで足りません。
で、続いて期待の新型ノズルですが、
パラボラスプリンクラー(G248)

ダイヤル式で水量(散水距離)の調整はしやすい。散水もわりと柔らか目。
ただ、放水方向が8方向固定で、常に同じに向かって水が飛びます。
ジョウロで全体的に水をやるようなものをイメージしてるとちょっと違います。
狭い範囲に散水するのに向いてると思います。
ミストスプリンクラーS(G249)

ノズルの近くから遠くまでで散水されます。
柔らかく降り注ぐのでタネや若葉に散水しても流れません。
散水範囲の調整しやすい、最大で直径1mくらいの範囲に散水できる。
少ないノズルで全体をカバーでき、雨が降ったような感じになります。
ウチの場合、これが一番使いやすいと思いました。
ただし葉や花を濡らしたくない植物には向きません。

結論としては、ミストスプリンクラー(G249)をメインにして全体をカバーしつつ、
水量が足りない部分や葉に水を掛けたくない植物については
ソフトスプリンクラー(G242)を併用して使うのが良いと思います。

2011/01/28(金) mac mini (MC270J/A)

このエントリーをはてなブックマークに追加 買い物

iPhone のアプリ作ろうと思ったら mac が要るんだそうで、
またAppleに高額なお布施をせんとイカンのかい、と思いきや、最近は安いのね・・・
(昔買ったとき100万円近くしたよー
amazonに注文して届いたんで、セットアップ中。

早速、SDKとか取ってきたけど、Mac環境の整備からになるんでこりゃいろいろやることありそう。
当分楽しめそうです

2011/01/25(火) QNAP TS-439 Pro II+ Turbo NAS つづき

このエントリーをはてなブックマークに追加 買い物

QNAP のセットアップがほぼ完了して、運用も安定してきたんで、
机の上で作業してた本体をサーバー部屋のラックに移動することにしたんですが、
その前に、お払い箱になる旧サーバー類の片付けをして場所あけないといけません

で、今PC捨てるにもお金かかるんで、タダでもいいからハードオフに
持って行って買い取ってもらう事にして、古いPCのHDD外して初期化したり、
残すパーツ外したり・・・最後に掃除して半日がかり。
ついでに、古いプリンタ(HP DeskJet 960Cxi、OfficeJet 6310)とか、
もう二度と使わないスカパー専用のアンテナとか、ガラクタまとめて持っていった。
ま、二束三文でしたけど、ゴミに出せないブツばかりだから助かった。
(ちなみに、古いPCはパーツにバラして渡した方が断然高く買ってもらえます。
本体まるごとだと「ジャンクPC」として査定されて、中身関係なくゴミ価格にw)


左が10年間モータースポーツの動画配信などで働き続けたLinuxサーバー(Penitum III ですよ!)
会社から払い下げでもらったWindyのアルミケースが懐かしいですね。
右は前の前にメインで使ってたWindowsPC(こっちはPen4)、お疲れ様でした。

つーことで、サーバー棚もスッキリ、QNAPが収まりました。

(もっと置けそう・・・物欲ががが)

2010/12/23(木) QNAP TS-439 Pro II+ Turbo NAS

このエントリーをはてなブックマークに追加 買い物

昨日注文して早速今日届きました!

これ何か分かりますか? これは NAS(Network Attached Storage)と言って、
ネットワークで使用するファイルサーバ専用の装置なんですが、
要するに大容量のHDDを積んで、他のPCから「共有フォルダ」として使おうというモノ。
PCにHDDを積んでもほぼ同じことができますが、消費電力、メンテナンス性、コスト等
専用機ならではのメリットも多いのと、最近では個人宅でもネットワークから
動画や音楽ファイルにアクセスする機器(iPhone/iPad、PS3、TV、HDDレコーダ等)が
普及しているので、それらと繋がる「ホームサーバ」的な機能が充実しています。

で、個人用のNASと言えばメルコかIO-DATAの製品がよく知られていて、
ウチにも5年くらい前に買ったHDL-G250Uがあるんですが、
容量が250GBしかないんで、最初から容量不足でして、ウチではそれとは別に
専用にPCを組んで沢山HDDを積んでディスクサーバにしていました。
当時はNASに大容量&高性能を求めると高価な業務用しかなかったので
PCで組んだ方がコスト的にメリットが大きかったからなのですが、
5年経った今となっては、性能も時代遅れな割りに電気代はしっかりPC一台分
かかるのが気になってきました。

と言うことで、最近のNASはどうかな?と、調べてみたらQNAP ターボNASに行き当たりました。
国内大手メーカーの製品との一番の違いは、OSの管理権限がユーザに開放されている点。
Linuxで動作していますので、rootでログインして自由にLinuxのソフトウエアを
インストールできるのです。例えばメールサーバーとか兼務できちゃう。

実はウチにはもう一台、老朽化したサーバPCがありまして
LinuxでメールとWebのサービスを動かしているんですが、
立ち上げた10年前ならいざ知らず、今時この程度のサービスのためだけに
24時間専用のPC動かしてるのはホントに電気代のムダ!
このNASにWebとメールサーバーをやらせてしまえば、老朽サーバーを
もう一台お役御免できるんです!

で、届いて早速開けてみたんですが、
まず関心するのはケースの造りが非常にしっかりしている事。
加工精度が高く、高級感もあります。

これからセットアップを楽しみたいと思います。
つづく・・・

  • ブログの引越し(自宅サーバー化)の経緯など 今日の出来事 管理人
    ブログの引越しをしました(今日からこのページです!)。これまで2 gooブログでやってまして、便利なところも多かったのですが、・画像の数が増えると整理しきれない(管理画面が弱い)。・画像のサムネイルのサイズが固定で選べない。・バックアップをとるには有料サー...