ようこそゲストさん

今日の出来事

メッセージ欄

分類 【ノウハウ】 で検索

一覧で表示する

2012/02/04(土) 写真をアップするだけでDropboxの容量が無料で5GB増える!と聞いてやってみた

このエントリーをはてなブックマークに追加 ノウハウ
ネット上にデータを保存できるDropboxが便利で愛用してます。
このところ関東でも地震が多いですが、ネット上に保存しておけば、万が一の場合、
家が流されても大丈夫だし、避難先からもアクセスできるので安心です。

通常、2GBまで無料で使えるのですが、今、写真を転送する新機能のテスト中とかで、
そのテストに参加すれば自動的に500MB増量され、さらに写真を転送すれば
誰でも500MB単位で最大5GBまで増量され、
ソース For every 500MB of photos and videos automatically uploaded, you'll receive another 500MB space bonus, up to 5GB total.
元の2GBとあわせて7GBまで無料枠が拡大されるんです。
これまでも無料で増量する方法はありましたが、学校関係者のみだったり面倒な条件がありました。
この方法なら、友人を招待したりする必要もありません。

手順は簡単、
  1. Dropboxのフォーラムから Version 1.3.13 をダウンロードする。
    Dropboxのフォーラムから Version 1.3.14 をダウンロードする。
    (注:普通に配布されている1.2.xxではダメです。本記事の最後に直リンクあり)
  2. サクっとインストールする。 (初めての方はDropboxのページも参考に)
  3. 写真(動画)の入ったデジカメやメモリーカードをPCに繋ぐ(無論カードリーダー可)
  4. 自動再生の画面で「Import Pictures and videos - Dropbox使用」を選択(下図参照)。
  5. 写真(動画)が一つでも転送されれば、まず500GB増量されます。
  6. 後はどんどん転送するのみ! 空きが減ると500MB単位で増設されます。
  7. 最大、5GBまで合計で7GBまで増量されます。
一度増えた容量は、画像を削除しても減りませんのでご安心を。
(蛇足ですが、まだDropboxのユーザー登録をしてない方は、こちらのリンクから登録すると、
 紹介扱いになるので上に加えてさらに250MB増量されます。私も増えるのでよろしければどうぞ。)

最初に無料で使える容量は2GBです。
カメラやSDカードから取り込むと
2.5GB に増えます
さらに転送して空きを消費すると
増えます
どんどん増えます

Dropboxへの転送は時間がかかるので(ネットの速度次第ですが、ウチで毎秒500~1MB程度)
タスクトレイのDropboxアイコンで進行状況を見ながら容量が増えるのをお楽しみください。
今だけかもしれないので、急いでやりましょう!

※Dropboxフォーラムが英語でよく分からない人のためにダウンロードリンクもはっておきます。

Windows:
http://dl-web.dropbox.com/u/17/Dropbox%201.3.14.exe
Mac OS X: http://dl-web.dropbox.com/u/17/Dropbox%201.3.14.dmg
Linux x86_64:http://dl-web.dropbox.com/u/17/dropbox-lnx.x86_64-1.3.14.tar.gz
Linux x86: http://dl-web.dropbox.com/u/17/dropbox-lnx.x86-1.3.14.tar.gz

2011/10/20(木) SMARTに対応した 外付けHDD、SATA/IDE-USB変換ケーブル

このエントリーをはてなブックマークに追加 ノウハウ
ウチにはハードディスクをUSBに接続する変換ケーブルが2つあります。
 
左が最初に買ったIDE専用のUSB変換ケーブル。右がSATAに対応するために買い直したものです。
PCから外した状態の裸のドライブをちょっと繋いで使いたい時に大変便利です。

先日、使ってないHDDを選別して調子の良くない物を処分したのですが、その際、
古い方のケーブルに繋ぐとS.M.A.R.T.情報が読み出せない!事に気づきました。
(SMART情報ってのは↓こんな感じで、HDDの健康状態の目安になる情報です)
  フリーソフトのCrystalDiskInfoでSMART情報を読み出して表示したところ。

そう言えば、USB接続ではSMARTが読み出せないとか言う話を聞いたような気もします。
でも、新しい方のケーブルでは読み出せていたはず・・・
確認してみると、新しい方のケーブルに繋ぐとIDEもでSATAでもちゃんと読み出せます。
この違いはどこから来るのか?

調べてみると、意外な事が分かりました。
なんとHDDをUSBで繋いだ場合、SMART情報を読み出す方法は標準規格で決まってないのです。
じゃあ、どうして読み出せる場合があるのかと言うと、HDD-USB変換に使っているチップに
メーカー独自のコマンドでSMARTを読み出す機能を持っているものがあり、
それに対応したソフトを使った場合のみ読み出すことが可能、という事なんです。

各社のコマンドは非公開のため、CrystalDiskInfoの作者の方は、いろんなメーカーのもの実際に購入し、
コマンドを解析して分かったものに対応しているそうです、頭が下がりますね。
そういう状況なので CrystalDiskInfoにしても「USB 接続の外付けディスクは 一部機種 のみ対応しております。」
という説明になっています。また他のソフトでは全く読めないものがほとんどです。

と言うことで結論としては、USB接続のハードディスクでSMARTが読み出せるかどうかは、
「製品のチップ次第」なので「やってみないと分からない」と言うことになります。
CrystalDiskInfoを使ってSMART読み出し確認できた製品を紹介しておきます。

 ・GroovyのSATA/IDEドライブ用 SATA&IDE-USB2.0変換アダプタケーブル
 ・IO-DATAの外付けハードディスク HDC-EUKシリーズ
 ・BUFFALOのポータブルハードディスク HD-PEシリーズ

すでに対応してない外付けHDDを使っている場合もどうしてもSMARTが見たければ、
分解して中のドライブを取り出して変換ケーブルで直接繋ぐ手もありますから、
SMART対応の変換ケーブルは1本持っておくと便利です。

2011/09/01(木) NAS(QNAP) に PS3 Media Server(PMS) をインストールする

このエントリーをはてなブックマークに追加 ノウハウ
NASに置いてあるマルチメディアファイル(動画、写真、音楽)をリビングのテレビで再生できたら便利ですよね。
そういう事ができる製品はネットワークメディアプレイヤーといった名称でメルコやIO-DATAから
販売されていて、いくつか使ってみたのですが、どれも以下のような傾向で満足できませんでした。
・操作性が悪い(反応が遅すぎ、頻繁にハングアップする等)。
・画質が悪い(スケーリングが汚い、写真の表示解像度が低い等)。
・再生できない動画ファイルが多い(カタログに書いてある拡張子でも再生できないものが多い)

特に最後のは致命的で新しい動画フォーマットほど見られないものが多く、再生できてもカクカクだったり、
早送りが出来なかったり・・・使い物になりません。

動画ファイルをリビングのTVで見られる良い方法は無いものか調べた結果は Playstation3 でした。
Playstation3 のDLNAクライアント機能はゲーム機のオマケ機能というレベルではなく、
現状入手できる最高の機器と言って良く、あらゆる形式の動画がサクサク再生できます。

一方、NASの方は昨年末に導入したQNAPという製品で、
これに PS3 Media Server (以下PMS) というDLNAサーバーソフトをインストールして使います。
QNAPには最初から Twonky というDLNAサーバーがインストールされているので
こちらを使っても良いのですが、動画ファイルによっては再生できないものがあります。
PMSはPS3用に開発されたソフトで、コーデック変換機能を持っており、
PS3で再生できない形式の動画を自動で変換して再生できるようにしてくれます。
QNAP(PMS) と PS3 コンビにより最強の再生環境となるわけです。

QNAPはメルコやIO-DATAのNASと違って、ユーザーが自由にソフトをインストールして
機能を拡張することが可能で、メーカーからも各種ソフトパッケージが無償で提供されています。
以下パッケージを利用してQNAPにPMSをインストールする手順を説明します。

(注)QNAPには沢山のNAS製品がありますが、全ての機種にインストールできるわけではありません。
  現行モデルでは2ドライブベイならコレコレ、4ドライブベイならコレコレが対応します。
  これらより安いモデルはCPUが異なるため対応しません(Javaパッケージが配布されていない)。
 2012/10/21追記 モデルチェンジで上記のモデルは入手しにくくなっているようです、
  現行モデルで対応しているのは、2ドライブベイならコレ、4ドライブベイならコレ になります。 

PSMのQNAPへのインストール手順
まず、QNAP公式の拡張パッケージ(QPKG)配布サイトから
PS3 Media Server と Java Runtime Environment のパッケージをダウンロードします。



公式がリンク切れしている場合は下のリンクからダウンロードを試してください。
 PMS http://eu1.qnap.com/Storage/QPKG/X86/PMS_1.20.412-1_x86.zip
 JRE http://eu1.qnap.com/Storage/QPKG/X86/JRE_6_X86.zip
それぞれ、ダウンロードしたらZIPファイルを解凍してQPKGファイルを取り出します。
 PMS_1.20.412-1_x86.qpkg
 JRE_6.0.22_x86.qpkg

これでファイルの用意はできました。

次にQPKGファイルをQNAPにインストールします。最初にJREから入れます。
ブラウザでQNAPの管理画面にログインし

メニューの Home >> Application >> QPKG Plugins を開き、タブを選択します。

[ファイル選択]ボタンを押して、先程用意したパッケージファイル(JRE_6.0.22.qpkg)を選択。
右下の[INSTALL]ボタンを押して後は少し待つだけで完了します。
続いて同じ手順で PMS_1.20.412-1_x86.qpkg もインストールします。
終わったら、タブを選択し、先ほどインストールした
JRE と PMS のアイコンが表示されていることを確認してください(下図)。


続いてPMSの設定を行います。
先ほどの画面のPMSアイコンをクリックすると、以下の情報画面が表示されます。

Installation Path: はQNAPにPMSがインストールされた場所を示しています。
(後でここにあるファイルを操作する必要があるので覚えておいてください)
Web Page: の右のリンク(この例では http://192.168.0.3:80/pms/)を開くと、
PMS管理画面が表示されます。

この画面からPMSの起動、停止、設定変更、情報表示などが行えます(ブックマークしておくと良いでしょう)。
上から2段目のメニュー Config File Editor を開き、PMS.conf をクリックして編集します。


PMS.conf にはPMSの動作に関するさまざまな設定が記述されています。
ほとんどの項目は変更する必要はなく、そのままで動作するようになっています。
大事なのは folders という項目で、ここに公開したいファイルの置いてあるフォルダ名を
指定します。QNAPではデフォルトで /share/Multimedia というフォルダがあり、デフォルトでは
そこが設定されています(私はそのまま利用しています)

必要に応じて変更し、セーブして閉じてください。

以上の設定が終わったら、PMSを起動します(設定は再起動後に有効になります)。
一番上のメニュー App Starter を開き、Start PMS ボタンを押します。

中央に PMS is running と表示されるのを確認したら、いよいよPlaystation3を起動します。
PS3側のメニューでビデオを選ぶと PS3 Media Server[サーバ名] という表示が出ていると思います。
これでQNAPのファイルをPS3から再生出来るようになりました!

以上で終りのはずですが、まだいくつか問題があるので対処します。

問題1.日本語のファイル名やフォルダ名が表示されない
これはPMSの起動スクリプト(pms.sh)に言語指定の記述が無いのが原因です。
pms.sh は先ほど確認した Installation Path:(私の環境では /share/MD0_DATA/.qpkg/PMS)にあるので、
teraterm等でQNAPのコンソールにログインし、vi 等のエディタで編集して以下の記述を追加します。
 export LANG=en_US.UTF-8
 export LC_ALL=en_US.UTF-8
 export LC_CTYPE=en_US.UTF-8


保存して、PMSを再起動すると、日本語のファイル/フォルダ名が表示されます。
(再起動はコンソールから ./pms.sh restart と実行してもかまいません)

問題2.メニューが英語
これは好みですので設定するだけです。日本語が良ければ PMS.conf を編集して、
language = en となっている箇所を language = ja にすれば日本語メニューになります。
(PMS.conf 変更後はPMSを再起動してください)

問題3.サムネイルが表示されない
デフォルトでサムネイル表示しないようになっているので、PMS.conf を編集して、
 thumbnail = false となっている箇所を thumbnail = true
とします。サムネイルは動画の最初から1秒目の画像が使われますが、
この秒数を変えたければ、thumbnail_seek_pos = 1 となっている箇所を書き換えます。
以上でサムネイルが表示されるはずですが、動画ファイルによっては異常な画像が表示される事があります、その場合、
use_mplayer_for_video_thumbs = falsetrue にすると問題なく表示されましたので、設定してみてください。
(PMS.conf 変更後はPMSを再起動してください)

問題4.ファイル一覧の表示に時間がかかる
これは深刻な問題でした。PMSは単にファイル名だけでなく、動画の中身も調べているようで
フォルダの中身を表示するのに何十秒も待たされる事があります、これでは実用になりません。
一度表示したフォルダは待たずに表示されるのですが、PMSを再起動するとまた時間がかかります。
解決方法は、メディアライブラリを有効にする(=ファイル一覧をキャッシュする)事と、
あらかじめ全フォルダをスキャンして読み込んでおく事です。
まず、PMS.conf を編集して usecache = false となっている箇所を usecache = true に変更します。
PMSを再起動するとファイル一覧がキャッシュされるようになります。
次に、ブラウザから http://<QNAPのIPアドレス>:5001/console/home を開いて、
PS3 Media Server HTML Console にアクセスします。
(例えば私の環境だと http://192.168.0.3:5001/console/home を開く)

画面下の方に Scan folders というリンクがあるので、これをクリックすると
"Scan in progress! you can also stop it"と表示され、
全フォルダのスキャン(=メディアライブラリ作成)が始まります。
ファイルが多いと時間がかかりますが、放っておけば寝てる間に終わります。
ホントに実行されているか不安な場合は、QNAPのリソースモニタからCPU負荷を見れば
激しく処理が進んでいるのが分かると思います。

注意点ですが、ブラウザから上記の HTML Console 画面を開く際、
URLの最後にスラッシュ(/)を付けないでください。(../console/home/ だとダメ)
スラッシュを付けても画面は開きますが、Scan folders をクリックしても実行されません。


これでバッチリ!

ブラウジングもサクサク、サムネイルもしっかり表示されます。
PCの電源を入れておく必要もなく、QNAPだけで完結するのが電気代的にも素晴らしいです。

疑問、質問、報告などございましたらコメントください。

1: marine 『Unknown初めまして。私もQNAP(459pro)を使用してまして、PMSの導入で四苦八苦しているところです。導入方法が詳し...』 (2011/09/26 17:09)

2: 管理人 『pms.hs の編集の仕方vi はテキストエディタで、Windows言う所のメモ帳みたいなもんですね。# vi pms.shとし...』 (2011/09/26 20:17)

3: marine 『Unknownお返事ありがとうございます。成程、確かに上書きコピーの方が楽かもしれませんね。でもこれを期にもっと勉強してみようと...』 (2011/09/26 21:28)

4: One 『5001/console/home で実行しても終わらない? はじめましてこんにちわ!Oneと申します。 今回PS3での快適な動...』 (2011/12/08 14:00)

5: 管理人 『分かる範囲でお答えしますねOneさん、初めまして、こんにちわ。同じ QNAP TS-439Pro2+ ユーザーの仲間が増えて嬉し...』 (2011/12/08 20:49)

2011/07/06(水) 液晶保護フィルムを完璧にキレイにはる方法(デジカメ、iPhone等)

このエントリーをはてなブックマークに追加 ノウハウ
携帯、iPhone、デジカメなんかの液晶保護フィルムってありますよね。
私アレがキライでして、保護フィルム使わない派でした。
理由は、
(1)ガラスは硬いので少々のことではキズつかない、付いても小キズ程度。
(2)フィルムを上手く張るのが困難、どうしてもズレや気泡が入って醜い。
(3)醜いフィルムが張ってあるより、小キズの方がマシ。
(4)何も張ってない状態が一番見やすいに決まっている。

と言ったところ。
裏を返せば、見た目にキレイに完璧に張ることさえできれば、
フィルムも悪くない訳で、小キズに対する安心感は確実にアップします。

最近、買ったばかりのデジカメ(オリンパスTG-310)の液晶がカバンの中で一発で傷だらけ
になった事もあって、保護フィルムの必要性を感じていました。
(あまりにも簡単に傷だらけになったのでTG-310はガラスじゃないのかもしれません)
また、友人からの借り物のiPhone3GSには絶対にキズつける訳には行きませんから、フィルムは必須です。
と、言う事でキレイに張る方法を研究してみました。

まずフィルムは気泡対策された専用品ではなく、このような安いものがオススメです。
フィルム張りの3大失敗要因は、位置のズレ、気泡、ホコリ混入です。
これら全てを完璧にして一発で張るのは非常に困難、という訳です。
しかし、フィルム自体は御存知の通り何度でも貼り直しが出来るのです
問題は一度貼ると剥がしにくいので、ツメではがそうとしてフィルムを痛めたり、
めくった勢いで裏側に触ってしまって手垢がついてどうにもならなくなるってことです。
そうならないためにフィルムに取っ手を付けます。
テープで取手を作る(マスキングテープ、養生テープ等がベスト)
この取っ手を持って作業すれば、位置合わせも正確に行えますし、ズレてもやり直せます。
気泡はもっと簡単で、気泡のあるところまでめくって、ゆっくり張り直すだけです。
フィルムには厚みとコシがあるので、やり直しさえできれば、追い出すのは簡単です。
これでズレと気泡は解決。

ここまでは皆さんやられてると思いますが、一番の問題はホコリの混入なんですよね。
一発目に運良くホコリが入らないで貼れても、ズレを直したり、気泡を追い出したり、
何度かやり直していると絶対と言っていいほどにホコリが入ってしまうんです。
ホコリで気泡が! (画像をクリックで拡大)
上の写真に写ってるホコリ、全部内側に付着してます(わざとやりました)。
こうなると終わりと思ってませんか? この状態からでも修正できるんですよ!
方法は簡単、粘着テープでペタペタする!
ホコリが入ってたらメクって裏側をテープでペタペタするだけのことなんです。
(これができるのも取っ手があるからなんですけどね)
フィルムは粘着力が弱いので、ホコリは全部テープにくっついて取れます。
「そりゃそうだけど、そんな理屈通りに上手く行くわけ?」とお思いでしょう、
ポイントは一回で完璧にする必要はないって事、ホコリがあったらメクってペタペタ、
ホコリが入ったらめくってペタペタ。修正、修正でいいんです。失敗はありません。
あっと言う間にこんな感じに!
ホコリ一つありません。
(テープ側が粘着力が強すぎると作業がしにくいので、粘着力の弱いテープがオススメ)
テープのノリ面を表にして輪っかを作って指先にハメてペタペタするといいでしょう。
これでホコリも解決。

注意する点はひとつだけ、うっかりフィルムの裏側を手で触ってしまわない事。
これだけ守れば、何度でもやり直しできますから、不器用な人でも大丈夫。
私はiPhoneにフィルム貼る時には何度かやり直したので、今日、デジカメに張ったコレは
10分かからずに出来ました。
(完璧に位置が合ってるのでフィルムの境が見えない!)
皆さんもお試しください。





2011/03/05(土) ベルギーワッフル(リエージュタイプ)をラクに作る方法(レシピ改善)

このエントリーをはてなブックマークに追加 ノウハウ

ワッフルには材料や作り方で、リエージュタイプ、ブリュッセルタイプ、アメリカンタイプなど
様々な種類があるのですが、ご存知でしたか? 私は自分で作るようになるまで知りませんでした。

日本では15年位前にベルギーワッフル(リエージュタイプ)が流行して今でも一番人気だと思いますが、
作るのも一番面倒なんですよね。アメリカンタイプなんかはホットケーキとほとんど同じで、
ミックス粉を混ぜて焼くだけなんですが、リエージュタイプはパン作りのように
コネと発酵が必要なので、家庭で作るのはちと面倒です(美味しさはピカイチなんですが)。

はじめは本のレシピ通り作っていたのですが、大量の固形バターを少しづつ
生地にコネながら練りこんでいく作業が結構疲れます。
味の方は家族にも大好評だったのですが、肩こり症の私はクリスマスか誕生日でもないと、
ちょっと頑張る気になれません

もっと気軽にサクサク作れないかと考えて、ホームベーカリーを活用することを思いつきました。
材料の量を調整してホームベーカリーの「ピザ生地コース」でコネるとバッチリ!
また、本のレシピではコネ終わったら生地をちぎってワッフルのサイズに分割して並べ、
1次発酵→2次発酵→焼き、となる(パン作りと同じですね)のですが、
これも面倒だし場所をとるので省略、こね終わった生地をそのままボールに入れて発酵まで終わらせます。
発酵が終わったらボールから適量ちぎり取っては焼いていけばいいのです、もう全然ラクチン。
こんな感じに出来上がります

作り方

 材料(A)  薄力粉 150g, 強力粉 150g, ドライイースト 15g, 砂糖 40g, 塩 ふたつまみ
 材料(B)  卵 2個, 牛乳 100cc
 材料(その他)  無塩バター 150g, ザラメ 100g(+まぶす用に適量), バニラエッセンス 5,6滴

(A)をホームベーカリーのパンケースに投入します。
(ケースを秤に載せて量りながら投入していくと汚れ物が出なくてラクです)
(B)はコップに入れて混ぜ、レンジで人肌程度に温めておきます(卵が固まらないよう注意)。
無塩バターをサイコロ状に切ったら準備完了。
(A)をホームベーカリーにセットしてピザ生地コーススタート(蓋は開けたまま)、
材料が攪拌されたら、(B)を投入、団子になってきたら、無塩バターを投入します。
(バターは一度に入れると混ざりにくいので様子を見て少しづつ入れていきます)
20分くらいで最初のコネ工程が終わるので、ホームべカリーの出番はここまで。
ボールにあけてザラメ100gとパニラエッセンスを加え、ザラメが均等になるよう混ぜ合わせます。
ここまで。
続いて、ラップを掛けて1次発酵(約30分)
発酵と言っても難しことは何も無いです、暖かい所に置いておくだけ勝手に膨らみます。
ただし、気温が低すぎると発酵が進みませんので、30度C程度を維持するように、
夏以外はオーブンレンジの発酵コースを使うなり、お風呂場に置くなりしてください。
2倍ほどに膨んだらOK
グーでつぶして空気を抜き、またラップをかけて2次発酵(約30分)
30分ほどでこんな感じに。
発酵は温度に左右されるので時間より大きさ(2倍程度)で判断してください。
あとは、適当な大きさにちぎり、たっぷりザラメまぶして焼くだけです(1つ40~50gで18個くらい取れます)。
今回はパーティー用のプチサイズ(10g)で、中にクルミを入れてみました。
チョコチップ入れるのもオススメ
ワッフル型に入れて焼きます。

出来上がり!
仕上げにチョコパウダーや粉砂糖をかけてもよし。

手作業の工程を減らすことでラクチンかつ衛生的でもあります。ぜひお試しください。

補足
ウチで使用しているホームベーカリーは10年くらい前に買った Panasonic BT-102 です。
要はコネ工程を代用するだけですから、どこのメーカーのでも使えるとは思いますが、
この機械、10年使っていまだに現役です(実家でも同じ物を使っています)という実績があるので
友人にもPanasonicを薦めています。現行モデルはコレ になります。
ちなみにモデルチェンジを繰り返しても機能は10年以上前からほとんど変わっていません。
完成されているから変える必要がないんでしょうね。
と言うのも、実際に使ってみるとアレコレ新機能を付けても使わない事が分かるからだと思います。
どうしてかと言うとホームベーカリーのパンは凝った事しなくても一番シンプルな基本コースで
基本のパンを焼くのが一番美味しいんですよ。
添加物が入ってませんから、スーパーで売ってるパンと違って小麦の自然な味わいがあります。

それからワッフル型は何を使っているのか問い合わせがあったのですが、
ワッフル型には電気式と直火式(コンロ使用)がありまして、直火式が絶対オススメです。
こういうヤツです。電気式は火力が弱いので焼くのに時間がかかるので沢山焼くのに向きません。
(ホットケーキミックスで少量焼くような使い方なら電気式でも良いかもしれません)
直火式はフライパンと同じでシンプルだから水洗いできるし、後片付けも簡単で場所もとりません。
電気式は戸棚に仕舞ったまま出すのが面倒で使わなくなりそう。値段も直火式の方が安いし壊れません。
最近はIHコンロ対応のものもあります。